自社で保有する梱包設備のメンテナンスや新規設備開発などを行います。

豊富な知識と技術を併せ持つ

梱包設備の凄腕ドクター!

担当業務:設備保全

​岡山県出身 2017年入社

​先輩紹介

担当業務

梱包設備における制御盤(電気系)を中心とした保全業務を担当しています。

仕事の魅力

設備の不具合に対して原因を探り当てて自分の力で直したときに大きなやりがいを感じます。
最近は電気系だけでなく、機械系の仕事にも携わるようになり、知識の幅がどんどん広がる事も嬉しいです。

未来の後輩へ

製鉄所の設備はダイナミック且つ繊細です。
そんな設備を支える仕事を一緒に楽しみましょう。

1日の仕事の流れ
8:00
ミーティング
前日までの設備状態についての情報チェックや、本日の予定の確認等を行います。修理予定がある日は、修理内容や作業のポイントの確認を細かく行います。
9:00
定期設備メンテナンス
不具合発生防止の為、定期的な点検や、部品交換などの修理を行います。精密な部品も多く、やさしく丁寧に扱います。
12:00
休憩(45分)
13:00
会議
次回の修理内容の打ち合わせや、設備に不具合が発生している場合はその対応策の話し合いなどを行います。
14:00
デスクワーク
修理記録の作成をはじめ、部品の図面作成や電子回路の設計などを行う事もあります。
​16:45
​退社

TEL.084-941-0196

FAX.084-941-8590

map.png

〒721-0931

広島県福山市鋼管町1番地

アクセスマップ

©Fukuyama Steel Center Co.,Ltd.

All Rights Reserved.

1964年(昭和39年)に(旧)日本鋼管株式会社 福山製鉄所の操業開始とともに、福山梱包工業株式会社として誕生|当初は梱包業務を中核として、また1999年(平成11年)の業務拡大に伴い、【福山スチールセンター株式会社】と改称して以降、お客様のニーズを満たすために常に技術・技能を磨き、薄鋼板の梱包作業、薄板商品の品質確保と、コスト低減に貢献していくことを、経営のテーマとしています。これから就活の皆さま、また、福山での転職を検討されている方も一度お問合せ下さい。